ご葬儀の流れ 故人を厳かにお送りするために

葬儀の流れ
多くの場合、この世の人生を終えて旅立つ死者を送るのは身近にいて同じ時を過ごしてきた家族です。
家族の一人を送り出す葬儀が送る側、送られる側の双方にとって重要な儀式であると理解していても、いざその時に直面すると緊張は一層高まります。
しかも、その葬儀の準備があなたご自身にとって初めてともなると、死別直後で心も癒されておられない中で慣れないことを素早く決定していかなければならず、精神的な負担は大きくなります。

まずは、参列者の規模に関係なく一般的な式の流れをご紹介しますので参考になさってください。地域によって異なることもございますので、気になることがあられましたら遠慮なく東長崎斎場までお尋ねください。
なお、諸々の手続きにつきましては各種手続きのページを参考になさってください。
1. ご臨終

 末期の水
 新しい筆の穂先か、割りばしの先にガーゼや脱脂綿を白糸でくくり、茶わんの水に浸して故人の唇を
 濡らすようにします。

 主な親戚に連絡

 死亡診断書の受取
 以後の諸手続きに必要です。ご自宅でなくなった場合も医師または警察による死亡確認が必要です。

 ご遺体の移送

 ご遺体の安置
 

◆まず、弊社へご連絡ください。
24時間いつでも結構です。ご遺体をご自宅または式場までお送りいたします。

◆ご遺体の安置・枕飾り・神棚封じ・お仏壇・忌中紙などは弊社担当者がお世話いたします。 

          ▼

2. 寺院への連絡

 遺体の安置を終えたら、僧侶を招いて枕経をあげてもらいます。
 通夜・葬儀・お骨上げ・初七日などのスケジュールを相談します。
 戒名・法名のお願いをします。
 通夜・葬儀の僧侶の人数、送迎、食事などを打ち合わせします。
 火葬場のお勤めの確認をしておくとよいでしょう。
 

◆家の中のご準備(自宅葬の場合)
祭壇を置く部屋を決め、部屋を広く使えるように、襖や障子を取り外しておきます。
神棚は扉を閉め、合わせ目に半紙を貼ります。
花や絵画、額、トロフィーなども片付けておきます。

          ▼

3. 葬儀の打ち合わせ

 葬儀内容を決定します。
 喪主を決めます。
 通夜・葬儀の日時・式場を決定。
 葬儀の規模と予算を決めます。
 世話役や主な係を決めます。
 

◆準備と手配(弊社が素早く手配いたします。)
遺影写真の引き伸ばし
霊柩車・火葬場
会葬礼状・お供養品
お棺や葬具一式
式場の設営
受付用具・案内掲示
バス・ハイヤー
新聞広告その他
生け花・花輪・灯篭など
式服の用意
通夜ぶるまいの料理・精進落としの料理など

◆ご納棺・祭壇・式場の飾り付けは弊社担当者がお世話いたします。

          ▼

4. 手続き事項

 死亡届けは死亡して7日間以内に提出となっています。
 これを提出して初めて、火葬許可証が交付されます。

          ▼

5. 死亡の連絡

 弊社と通夜・葬儀の日時を決めてから連絡をしたほうが一度に済みます。親戚・会社・友人・町内など

 納棺
 旅立ちに必要なものを添えて、ご遺体を棺に納めます。
 棺の中には、故人が生前愛用していた小物などを入れます。

 祭壇・式場の飾り付け

 供花・供物等の発注、料理・式服の手配
 通夜前の喪主、遺族は地味なものなら普段着でも構いません。
 葬儀・告別式には喪主、遺族ともに正喪服を着用するのが原則です。

          ▼

6. お通夜の準備

 ご寺院用の座布団・お茶・お菓子。
 受付の場所と人員。
 お供養品をお渡しする場所
 道案内(指差し)の設置。
 駐車場の確保。
 座布団・お茶・お菓子・料理・お酒等。
 遠方からのご親戚の宿泊。
 数珠・黒ネクタイ・靴下・貸衣装用の肌じゅばん・足袋・お布施の袋など。
 

◆お通夜の準備はすべて弊社で準備させていただきます。
          ▼
7. お通夜

 遺族、近親者、友人などゆかりの深い人々が、故人の傍らに集まります。
 文字通り、夜を通して別れを惜しむ儀式です。
 一同着席の後、僧侶が入場し、通夜経が始まります。

 (通夜ぶるまい)
 弔問に対するお礼の意味を込めて、参列者に料理とお酒でもてなす場合もございます。

 式典の準備

 式典準備の確認

          ▼

8. 告別式

 遺族・近親者、故人と生前親交のあった人々が一同に会し、故人との最後の別れを告げる儀式です。
 定刻20分前までに着席するようにします。
 式は、開式の辞に始まり、読経・弔辞・弔電・焼香・・・と続きます。
 焼香は、血縁の深い順に喪主から行います。

          ▼

9. 出棺

 告別式が終わると、その日のうちに火葬します。
 棺の回りに血縁の深い順に並び、特別親しかった友人、知人がこれに続きます。
 各々一輪ずつ祭壇の花を遺体の回りに敷き詰めます。
 お別れが済んだら棺の蓋を閉じ、釘を打ちます。
 

火葬場にて
◆納めの式

棺をかまどの前に安置し、礼拝して納めの式を終わります。
骨あげまでの時間は控室で待ち、参列者には茶菓子などでもてなします。

◆骨あげ
二人一組になって一つの骨を拾い、2~3片拾ったら他の組と交替します。
最後に喉仏の骨を最も血縁の深い2人が拾います。詳しくは火葬場の方から説明があります。

          ▼

10. お骨迎え以降

 お骨迎え
 出棺後、残った人達は祭壇を整え、火葬場から戻ってきた遺骨を迎えます。

 精進落し・三日参り

 挨拶回り
 葬儀でお世話になった方達へ喪主はお礼の挨拶に出かけます。
 告別式後2~3日の間に済ませましょう。

 香典返し
 亡くなった日より四十九日前後までに済ませます。お返しの品は香典の1/2~1/3が一般的です。

 初七日
 寺院との打ち合わせをします。
 日時・出席者を決めます。料理引出物の手配をします。

 各種礼状
 式後3週間以内に早めに。弔電・供花・供物をいただいた方などに出します。

 忌明け法要 四十九日
 仏教では、死者がこの世を出てあの世に至るまでの四十九日間を七日ごとに区切り、法要を営むこと
 により冥福を祈ります。
 一周忌まで近親者、友人、知人、勤務先関係者など広範囲の方に出席を依頼しますが、3回忌からは
 関係の深い人だけにしぼっていきます。
 法要は寺、自宅、料亭、斎場などで営み、読経・焼香の後には宴席を設けます。
 宴の後、菓子、お茶、海苔などのお返し品を差し上げます。
 

◆葬儀後の諸手続き
国民健康保険加入者は市民課に葬祭費を申請します。
社会保険、労災保険加入者は埋葬料を勤務先にお願いします。
国民年金の手続きにより、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金のいずれかが支給されます。
葬儀費用の領収証は保管しておきましょう。
フッターバナー